城下町エリア(都市船)


作成者

神室@紅葉国


*提出書式


  大部品: 城下町エリア(都市船) RD:50 評価値:9
  -部品: 城下町エリアの概要について
  -部品: 都市船の城下町エリアの成り立ち
  -部品: 背の低い建物が街道に沿って建つ
  -部品: 紅葉並木と砂利の道
  -部品: 綺麗な水が流れる用水堀と飛び跳ねるコイ
  -部品: コイの餌やり
  -部品: 個人用遊覧小舟の貸し出しや渡し船
  -部品: 案内所と観光人力車サービス
  -部品: 中央城(資料館)とその石垣(モノレール駅)
  -部品: そこらかしこで見かける猫
  -大部品: 紅葉の温泉宿 RD:13 評価値:6
  --大部品: 平屋温泉宿 RD:8 評価値:5
  ---部品: 背の低い設置面積の広い建物
  ---部品: 温泉宿は民間の宿泊施設
  ---部品: 美味しい名物料理と地酒
  ---部品: ゆったりつかれる温泉の存在
  ---部品: 様々な温泉の効能
  ---部品: きちんと清掃された部屋とふかふかなお布団
  ---部品: 廊下に面した中庭や部屋から見える周辺の景色
  ---部品: 交通手段の確保
  --部品: 紅葉の舞い浮かぶ温泉
  --部品: 紅葉国の公衆浴場の文化
  --部品: 風呂上がりの紅葉しぼりたて牛乳+α
  --部品: 温泉入浴巡りチケットの販売
  --部品: KOYO温泉饅頭(温泉地域限定品)
  -大部品: 紅葉の掛茶屋 RD:12 評価値:6
  --大部品: 掛茶屋 RD:8 評価値:5
  ---部品: 掛茶屋とは
  ---部品: 木造の風通しの良い小さい家屋と見通しの良い広い軒先
  ---部品: 手回しのしやすい厨房
  ---部品: 飲食物はその場で作っての提供
  ---部品: 雰囲気と景色とお茶と菓子を楽しむ
  ---部品: 赤い布をかけた縁台
  ---部品: 赤い野点傘
  ---部品: 日差しを和らげる葦簀
  --部品: 城下町エリアに配置
  --部品: 紅葉やコイを見て、風流を感じる
  --部品: 花より団子でも問題なし
  --部品: フルーツフレーバーティ(紅葉国産)
  -大部品: 和風庭園 RD:8 評価値:5
  --部品: 自然風景を再現した演出
  --部品: 海や川を表す庭園の池
  --部品: 四季折々の植物と循環の表現
  --部品: 庭園絶景ポイント
  --部品: 大きな自然を想い、風情に浸る
  --部品: 散策しつつ様々な視点から庭園を眺める
  --部品: 根気のいる整備作業と想像力が必須
  --部品: 庭園を維持するためのマナーの推奨
  -大部品: コイ RD:7 評価値:4
  --部品: コイとは
  --部品: 環境変化の指標としてのコイ
  --部品: 音に敏感な性質
  --部品: 観賞用途のコイ
  --部品: 食用としてのコイ
  --部品: 美味しく食べる下拵え
  --部品: コイの伝承
  
  
  部品: 城下町エリアの概要について
  城下町エリアは都市船上層の娯楽区画に配置されている観光エリアである。
  和風と呼ばれる東国に良く似た形式を持つ背の低い建物が立ち並び、砂利で出来た道や、
  紅葉や広葉樹林の生えた自然豊かな遊歩道を歩いたりしつつ名所を観光出来る。
  また、紅葉国地上部に存在するものを再現した温泉があったり、さいころを使った賭博場も存在する。
  
  
  部品: 都市船の城下町エリアの成り立ち
  紅葉国といえば紅葉である。国木にもなっている。
  紅葉といえばKOYO饅頭であり、温泉である。
  紅葉と饅頭と温泉といえば、城下町である。故に作られた。(パンフレットより抜粋)
  
  
  部品: 背の低い建物が街道に沿って建つ
  都市船の高密度居住区画とは異なり、背の高いビルは存在せず平屋ばかりである。
  空に関しても天上は高く、投影スクリーンとはわからないぐらいの遠さであるため圧迫感は無い。
  
  
  部品: 紅葉並木と砂利の道
  歩くとざっざっざっという心地よい歩く感触が返ってくる。上を見上げると紅葉の葉が赤く色づき舞っているのがわかる。
  紅葉国民も観光客も、急がずにゆっくり歩くのが習わしである。
  ただし、大通りには人力車用の車道スペースが用意してある。
  
  
  部品: 綺麗な水が流れる用水堀と飛び跳ねるコイ
  並木道と並行して用水堀があり、そこにはきれいな水が流れている。
  用水堀や、その水が流れ込む湖には紅葉国で良くみられる色鮮やかなコイがゆっくりと泳いでいる。
  
  
  部品: コイの餌やり
  観光地らしく湖ではコイに餌をあげることが出来る。この時ばかりはばしゃばしゃと多くのコイが急いで寄ってくる。
  手を叩いても寄ってくる。が、偶に大きい主みたいなコイだけが奥でゆったり泳いでいる事があり、悔しく思う事も多数あるという。
  
  
  部品: 個人用遊覧小舟の貸し出しや渡し船
  湖では遊覧小舟の貸し出しが行われている。木製の手漕ぎであり、特産品でもある紅葉の小舟が並んでいる。
  転覆した場合は直ぐに助けを呼べるようになっていたり、渡し船もあるので安心である。
  
  
  部品: 案内所と観光人力車サービス
  各所に案内所があり、観光の見どころや相談を受け付けている。
  他の区画に行きたい場合には人力車サービスも提供してもらえる。
  なお、人力車にはモーターパワーアシスト機能が搭載してあり、普通に楽々運ぶことが出来る。
  
  
  部品: 中央城(資料館)とその石垣(モノレール駅)
  中央部を見上げると比較的何処からでもお城を見上げることが出来る。普通に一般的な石垣の上に構築された城である。
  が、城の天守閣部分は資料館であり、紅葉国の歴史やらルウシィ藩王の猫に小判(贋作見本)やらVR体験設備やらが置いてあったりする。
  土台部分は都市船内部を循環するモノレールの駅となっている。
  
  
  部品: そこらかしこで見かける猫
  塀の上、軒の上、木箱の上、道端、城下町エリアのそこらかしこで丸くなっている猫が見かけられる。
  高密度居住区画よりも格段に余裕があり、そこそこ人も多いし、風と水と葉っぱの香りが良いという事で休憩や宿泊に来ているようだ。
  なお、温泉にばかりつかっている猫もいる。レア猫である。
  
  
  部品: 背の低い設置面積の広い建物
  藩国によって建材は異なるが、平屋の温泉宿と言われる場所は文字通り平屋であり、
  二階建て程度の高さで多数の部屋を擁する建築物となっている。
  無論、グレードによって部屋の広さや付属施設はそれぞれである。
  
  
  部品: 温泉宿は民間の宿泊施設
  温泉宿は民間経営されており、お客に対してサービスを提供する代わりに代金を受け取る。
  サービスや設備が良ければよいほど、お客は財布の紐が緩くなるため、運営努力により儲けが大きく異なる。
  高級旅館等と言われるようなブランドの高ランクの部屋になると、それはもう一泊で一般給料が吹き飛ぶレベルになる。
  安心安全もサービスの内な事も明記しておく。
  
  
  部品: 美味しい名物料理と地酒
  名物料理はおいしくないと偶に言われるが、そんなことは無い。
  自信があるから名物料理なのですよ、と大体の宿の主人は言うであろう。
  実際に美味しくないとリピーターが付かないので、努力しているのは間違いない。
  格安ツアーでなければ、結構な確率で美味しい。
  
  
  部品: ゆったりつかれる温泉の存在
  温泉宿なので敷地内、もしくは歩いて行ける所に温泉がある。なければ詐欺となる。
  宿によって異なるが、基本的に男風呂女風呂と別れてゆったりと温泉につかる事が可能である。
  たまに多種多様な種族に対して個別に分けてたりしている温泉宿もある。
  また、時間制や日替わりで場所を交換される事もある。
  
  
  部品: 様々な温泉の効能
  設置された藩国や温泉宿によって異なるが、血行促進と疲労回復効果を謳われている事が多い。
  温泉の効能については鑑定士が居るため、正しく分析されている事が望ましい。
  が、単なる広い温泉でも充分リラックス効果は得られる事は間違いない。
  
  
  部品: きちんと清掃された部屋とふかふかなお布団
  宿であるため宿泊する為の部屋がある。きちんと清掃されており、家事なども気にする必要は無い。
  布団もふかふかであり、敷いたらゆっくり眠れること請け合いであろう。
  また、部屋にはお茶や名物お菓子の試供品が置いてある事も多い。
  
  
  部品: 廊下に面した中庭や部屋から見える周辺の景色
  平屋建ての場合、中庭がある事が多い。
  その周辺を廊下がはってあり、更にその淵に部屋が配置されている。
  縁側でお話しする事も旅の醍醐味となるかもしれない。
  部屋からは外庭や、海や湖や山や名物建物など面した景色が見られる。
  
  
  部品: 交通手段の確保
  人が行き来出来る場所である事が必要である。
  秘境宿という肩書も良い物ではあるが、誰もこれない宿泊施設に意味はない。
  来客数をどのように定めるかはその温泉宿次第であるが、それによって雰囲気は確実に変わる。
  
  
  部品: 紅葉の舞い浮かぶ温泉
  紅葉国の温泉の周囲には大抵紅葉が植えられている。
  秋の終わりとなると温泉の上に紅葉が舞い散るようになり、綺麗だと評判である。
  ただし、宿としては掃除を逐一しなければならず非常に面倒である。
  秋以外でも、春夏は普通に紅葉が存在するため風に揺らぐ様子を見ながらゆっくりつかる。
  
  部品: 紅葉国の公衆浴場の文化
  紅葉国は船の国、もしくは海底ドームでの居住組であり水の利用は貴重であった。
  そのため水を共同利用する公衆浴場の文化があり、温泉でも一定の規律を以て入る事が尊重されている。
  だが、おしゃべりが止まらないのは何処の国も同じである。
  
  
  部品: 風呂上がりの紅葉しぼりたて牛乳+α
  農村区画から直に手絞りして貰った牛乳を毎朝夕と届けて貰っている宿が多い。
  フルーツを混ぜたり珈琲を混ぜたりした物が、温泉宿には置かれている事が多い。
  風呂上りに腰に手を当ててぐびっと飲むべし。無論、共和国で有名なあの牛乳もある場合も多い。
  
  部品: 温泉入浴巡りチケットの販売
  だいたいが温泉街か温泉エリアになっている紅葉国の温泉場、各景色を堪能する為にもチケットが用意されている。
  これを手に入れれば、加入している多数の温泉宿の各温泉にじっくりつかる事も可能。人力車サービスも付いての1日券。
  
  
  部品: KOYO温泉饅頭(温泉地域限定品)
  紅葉国銘菓が温泉で蒸かした物が売られている。通常品に比べてひと手間かけた沁みる風味が味わえる。
  なお、通常のKOYO饅頭はカステラ生地だが、こっちは本当に温泉饅頭である。
  蒸かしたてが店先で売られているとついつい手を伸ばしてしまうこと間違いなし。KOYO温泉酒饅頭もあるとか。
  
  
  部品: 掛茶屋とは
  公園や街道、及び宿場街の横によくある軽喫茶店の事を言う。風景を楽しみながら腰かけて休める場所である。
  その名の通りのお茶は勿論の事、名物やお酒、おつまみを提供しているお店である。
  
  
  部品: 木造の風通しの良い小さい家屋と見通しの良い広い軒先
  簡単な料理と飲み物を提供する厨房が入った木造で作られた小さい家屋と、
  お客のための椅子や机が置かれた広い軒先で構成されている。
  軒先では周囲の風景を眺めることが出来る。
  
  
  部品: 手回しのしやすい厨房
  藩国によって本格派の土間だったり、木で囲われた板張り間だったり、そも火を使用せずオール電化だったりするが、
  お客を待たせないように美味しいお茶やお菓子を提供できるように、手回しが良く通行しやすい厨房が設置されている。
  
  
  部品: 飲食物はその場で作っての提供
  作りたて、淹れたてを提供してお客に楽しんでもらう。
  無論、きちんと営業許可と衛生面含めた調理認可は藩国から取得している事が前提である。
  
  
  部品: 雰囲気と景色とお茶と菓子を楽しむ
  風景を楽しみながら、お茶とお菓子等を楽しんでもらうのが店の主観点となっている。
  また、茶屋側もそのように楽しんでもらえるように店員の配慮がなされている。
  
  
  部品: 赤い布をかけた縁台
  茶屋においてお客が座り、食事などを行う長椅子の事を縁台と言う。
  縁台には赤い布がかけられており、これは魔よけの意味を持つ。
  お客が増えるごとに軒先に置いていく事もある。
  
  
  部品: 赤い野点傘
  茶席の付き物として、赤い野点傘が飾られている。
  通常の和傘を大きくしたものであり、内側には魔除けを意味する五色の糸でかがられている。
  
  
  部品: 日差しを和らげる葦簀
  葦が材料に使われている、細かく割ったものを並べて糸で編んだもの。大型のもので軒先に立てかけて使う。
  目線を遮ったり、日差しを和らげたり、水をかけて周囲の温度を下げたりできる。
  
  
  部品: 城下町エリアに配置
  紅葉国の都市船、上層娯楽区画にある城下町エリアに配置されている。
  観光客が多くやってくる場所であり、見どころも多くあるため、所々に掛茶屋が開かれている。
  
  
  部品: 紅葉やコイを見て、風流を感じる
  紅葉及び広葉樹が風に揺れる風景を見て、ざわざわという葉擦れの音を聞く。
  コイが泳ぐ用水堀の水がきらめく様子を見て、飛び跳ねる水しぶきの音を聞く。
  
  
  部品: 花より団子でも問題なし
  風情よりもお菓子やジュースが良いという方には美味しい軽食をお出ししています。
  名物のKOYO饅頭はいかがでしょうか?お土産もありますよ。
  
  部品: フルーツフレーバーティ(紅葉国産)
  観光客向けっぽく南国果実のフレーバーティとかも置いている場所もある。変わり種タイプ。
  だが、多少甘酸っぱい方が甘い茶菓子に合うという意見もある。洋菓子はさすがに茶屋にはおいてないらしい。
  
  部品: 自然風景を再現した演出
  和風庭園では自然風景を再現した演出を行っている事が多い。
  例えば庭園に造られた土を盛った山に苔を付けさせて山に見立てたり、巨大な岩で山岳を示したりする。
  限られた空間に広大さをイメージさせる物を置くことで、見る人に想像させることが特徴である。
  
  
  部品: 海や川を表す庭園の池
  庭園の池は海や川を表現している。
  岩が池の中にあれば島、水際に並べると崖、浅い池に石をいくつも沈めて浅瀬を再現している。
  他にもさまざまな手法がある。
  
  
  部品: 四季折々の植物と循環の表現
  春夏秋冬と移り変わる自然の変遷を表現するのも和風庭園の特徴である。
  時間経過に伴い、とある花が散ると同時に緑が育ち、緑が赤く色づき、それが枯れて雪で白く染まる。
  そしてまた草と花が芽をだすというような循環が見られる。
  
  
  部品: 庭園絶景ポイント
  名所に絶景ポイントがあるように、和風庭園にも絶景ポイントという物が存在する事が多い。
  ある視点から見ると、要素が重なり合ってより壮大に思える部分もあるのだ。
  個人的に気に入る場所を見つけるのも醍醐味である
  
  
  部品: 大きな自然を想い、風情に浸る
  大抵作者が見てほしい位置に長椅子が置いてあったりする。
  ゆっくり腰を据えて表現したいと思われる風景を想像しつつ、眺めてみよう
  雄大さを感じる事が出来るかもしれない。
  
  
  部品: 散策しつつ様々な視点から庭園を眺める
  色々な見解があるのが和風庭園の楽しさでもある。話しつつ歩きながら、逐次顔を変える風景を眺めるのも良い。
  池がある庭園には魚が泳いでいる事も多く、静かにたたずむ庭の中で動く様子はより活動的に見えるものである。
  
  
  部品: 根気のいる整備作業と想像力が必須
  移り変わる自然を限られた空間で描写するには、コケや岩や石や水の透明度など様々な要点に関して注意する必要がある。
  維持するために弄っても雰囲気が変わる事も多いため、整備している人は大変に苦労し想像しつつ作業をすすめる。
  
  
  部品: 庭園を維持するためのマナーの推奨
  庭園を維持するのは整備している人だけでなく、庭園を訪れた人も同じである。
  一歩踏み入れたりゴミが残っていたりするとそれだけで景観が壊れてしまう。
  また、入園料がある庭園は大抵維持費に使われている。
  進入禁止区画には入らず、ゴミは持ち帰り、マナーを守って心を安らぎつつ観賞する事が推奨されている。
  
  部品: コイとは
  比較的流れが緩やかな川や池、沼、湖、用水路などにも広く生息する淡水魚。
  雑食性であり長寿、環境適用する能力が高い。
  頭や目が体に対して小さく、口元には2対の口ひげと呼ばれるものがある。
  最大まで育ったコイの体長は60センチ程だが、たまに1メートルを超す巨大なものも存在する。
  胆嚢には毒があるため、内臓を取り出す時には破かない様に注意が必要である。
  
  
  部品: 環境変化の指標としてのコイ
  コイは基本的に綺麗な水でも汚い水でも安定して生息する事が出来る魚である。
  しかし、水質によって模様や大きさ、数と言った要素が比較的わかりやすく表れるため、環境指標として見る事が出来る。
  
  
  部品: 音に敏感な性質
  コイ科の特徴としてウェーベル氏器官という骨と内耳とを繋ぐ付属構造からなく聴覚器官が存在し、音に敏感な性質がある。。
  細かい音を見逃さず、普段と状況が異なる場合は退避手段を多くとるため危機察知の傾向として昔から大事にされている。
  
  部品: 観賞用途のコイ
  綺麗な水質に住むコイは、その水面の煌めきと周囲の景色の水映り反射の中を飛ぶように泳ぐように見える。
  特に、錦の模様を持つコイに関して、その風流さとゆったり動く姿から観賞用として育てられてきた。
  模様に関しても多様で"成長する美"とも呼ばれ、個人個人で育てる人も多く、観光地などでも良く見られる。
  
  部品: 食用としてのコイ
  清流で育った鯉に関しては泥臭さが無く、すぐに食用として食べることが出来る。
  泥の含んだ水質の場合は泥吐きを行わせることで食す事も可能となっている、
  季節に関係なく川に生息し、繁殖力が比較的強い、貴重なたんぱく質である。
  
  
  部品: 美味しく食べる下拵え
  鱗と体表のぬめりを包丁でそぎ落とし、内臓を気付付けない様に綿を抜く。
  その後、皮を剥いでから、料理に合わせて解体して下処理が完了となる。
  ムニエルや恋のあらい、甘煮、竜田揚げ、旨煮等、レシピが存在する。
  血抜きをせずに味噌で煮る鯉こくという調理法もある。
  
  
  部品: コイの伝承
  古くから身籠っている女性が食べると体力が付くという言い伝えがあり、
  女性が妊娠中に恋を食べて健康になって無事安産できた、母乳が良く出るようになった等という伝承が残っている。
  これより安産祈願で食べられる事がある。
  
  


*インポート用定義データ


  [
    {
      "title": "城下町エリア(都市船)",
      "part_type": "group",
      "children": [
        {
          "title": "城下町エリアの概要について",
          "description": "城下町エリアは都市船上層の娯楽区画に配置されている観光エリアである。\n和風と呼ばれる東国に良く似た形式を持つ背の低い建物が立ち並び、砂利で出来た道や、\n紅葉や広葉樹林の生えた自然豊かな遊歩道を歩いたりしつつ名所を観光出来る。\nまた、紅葉国地上部に存在するものを再現した温泉があったり、さいころを使った賭博場も存在する。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "都市船の城下町エリアの成り立ち",
          "description": "紅葉国といえば紅葉である。国木にもなっている。\n紅葉といえばKOYO饅頭であり、温泉である。\n紅葉と饅頭と温泉といえば、城下町である。故に作られた。(パンフレットより抜粋)\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "背の低い建物が街道に沿って建つ",
          "description": "都市船の高密度居住区画とは異なり、背の高いビルは存在せず平屋ばかりである。\n空に関しても天上は高く、投影スクリーンとはわからないぐらいの遠さであるため圧迫感は無い。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "紅葉並木と砂利の道",
          "description": "歩くとざっざっざっという心地よい歩く感触が返ってくる。上を見上げると紅葉の葉が赤く色づき舞っているのがわかる。\n紅葉国民も観光客も、急がずにゆっくり歩くのが習わしである。\nただし、大通りには人力車用の車道スペースが用意してある。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "綺麗な水が流れる用水堀と飛び跳ねるコイ",
          "description": "並木道と並行して用水堀があり、そこにはきれいな水が流れている。\n用水堀や、その水が流れ込む湖には紅葉国で良くみられる色鮮やかなコイがゆっくりと泳いでいる。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "コイの餌やり",
          "description": "観光地らしく湖ではコイに餌をあげることが出来る。この時ばかりはばしゃばしゃと多くのコイが急いで寄ってくる。\n手を叩いても寄ってくる。が、偶に大きい主みたいなコイだけが奥でゆったり泳いでいる事があり、悔しく思う事も多数あるという。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "個人用遊覧小舟の貸し出しや渡し船",
          "description": "湖では遊覧小舟の貸し出しが行われている。木製の手漕ぎであり、特産品でもある紅葉の小舟が並んでいる。\n転覆した場合は直ぐに助けを呼べるようになっていたり、渡し船もあるので安心である。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "案内所と観光人力車サービス",
          "description": "各所に案内所があり、観光の見どころや相談を受け付けている。\n他の区画に行きたい場合には人力車サービスも提供してもらえる。\nなお、人力車にはモーターパワーアシスト機能が搭載してあり、普通に楽々運ぶことが出来る。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "中央城(資料館)とその石垣(モノレール駅)",
          "description": "中央部を見上げると比較的何処からでもお城を見上げることが出来る。普通に一般的な石垣の上に構築された城である。\nが、城の天守閣部分は資料館であり、紅葉国の歴史やらルウシィ藩王の猫に小判(贋作見本)やらVR体験設備やらが置いてあったりする。\n土台部分は都市船内部を循環するモノレールの駅となっている。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "そこらかしこで見かける猫",
          "description": "塀の上、軒の上、木箱の上、道端、城下町エリアのそこらかしこで丸くなっている猫が見かけられる。\n高密度居住区画よりも格段に余裕があり、そこそこ人も多いし、風と水と葉っぱの香りが良いという事で休憩や宿泊に来ているようだ。\nなお、温泉にばかりつかっている猫もいる。レア猫である。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "紅葉の温泉宿",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "平屋温泉宿",
              "part_type": "group",
              "children": [
                {
                  "title": "背の低い設置面積の広い建物",
                  "description": "藩国によって建材は異なるが、平屋の温泉宿と言われる場所は文字通り平屋であり、\n二階建て程度の高さで多数の部屋を擁する建築物となっている。\n無論、グレードによって部屋の広さや付属施設はそれぞれである。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "温泉宿は民間の宿泊施設",
                  "description": "温泉宿は民間経営されており、お客に対してサービスを提供する代わりに代金を受け取る。\nサービスや設備が良ければよいほど、お客は財布の紐が緩くなるため、運営努力により儲けが大きく異なる。\n高級旅館等と言われるようなブランドの高ランクの部屋になると、それはもう一泊で一般給料が吹き飛ぶレベルになる。\n安心安全もサービスの内な事も明記しておく。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "美味しい名物料理と地酒",
                  "description": "名物料理はおいしくないと偶に言われるが、そんなことは無い。\n自信があるから名物料理なのですよ、と大体の宿の主人は言うであろう。\n実際に美味しくないとリピーターが付かないので、努力しているのは間違いない。\n格安ツアーでなければ、結構な確率で美味しい。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "ゆったりつかれる温泉の存在",
                  "description": "温泉宿なので敷地内、もしくは歩いて行ける所に温泉がある。なければ詐欺となる。\n宿によって異なるが、基本的に男風呂女風呂と別れてゆったりと温泉につかる事が可能である。\nたまに多種多様な種族に対して個別に分けてたりしている温泉宿もある。\nまた、時間制や日替わりで場所を交換される事もある。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "様々な温泉の効能",
                  "description": "設置された藩国や温泉宿によって異なるが、血行促進と疲労回復効果を謳われている事が多い。\n温泉の効能については鑑定士が居るため、正しく分析されている事が望ましい。\nが、単なる広い温泉でも充分リラックス効果は得られる事は間違いない。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "きちんと清掃された部屋とふかふかなお布団",
                  "description": "宿であるため宿泊する為の部屋がある。きちんと清掃されており、家事なども気にする必要は無い。\n布団もふかふかであり、敷いたらゆっくり眠れること請け合いであろう。\nまた、部屋にはお茶や名物お菓子の試供品が置いてある事も多い。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "廊下に面した中庭や部屋から見える周辺の景色",
                  "description": "平屋建ての場合、中庭がある事が多い。\nその周辺を廊下がはってあり、更にその淵に部屋が配置されている。\n縁側でお話しする事も旅の醍醐味となるかもしれない。\n部屋からは外庭や、海や湖や山や名物建物など面した景色が見られる。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "交通手段の確保",
                  "description": "人が行き来出来る場所である事が必要である。\n秘境宿という肩書も良い物ではあるが、誰もこれない宿泊施設に意味はない。\n来客数をどのように定めるかはその温泉宿次第であるが、それによって雰囲気は確実に変わる。\n",
                  "part_type": "part"
                }
              ],
              "expanded": false
            },
            {
              "title": "紅葉の舞い浮かぶ温泉",
              "description": "紅葉国の温泉の周囲には大抵紅葉が植えられている。\n秋の終わりとなると温泉の上に紅葉が舞い散るようになり、綺麗だと評判である。\nただし、宿としては掃除を逐一しなければならず非常に面倒である。\n秋以外でも、春夏は普通に紅葉が存在するため風に揺らぐ様子を見ながらゆっくりつかる。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "紅葉国の公衆浴場の文化",
              "description": "紅葉国は船の国、もしくは海底ドームでの居住組であり水の利用は貴重であった。\nそのため水を共同利用する公衆浴場の文化があり、温泉でも一定の規律を以て入る事が尊重されている。\nだが、おしゃべりが止まらないのは何処の国も同じである。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "風呂上がりの紅葉しぼりたて牛乳+α",
              "description": "農村区画から直に手絞りして貰った牛乳を毎朝夕と届けて貰っている宿が多い。\nフルーツを混ぜたり珈琲を混ぜたりした物が、温泉宿には置かれている事が多い。\n風呂上りに腰に手を当ててぐびっと飲むべし。無論、共和国で有名なあの牛乳もある場合も多い。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "温泉入浴巡りチケットの販売",
              "description": "だいたいが温泉街か温泉エリアになっている紅葉国の温泉場、各景色を堪能する為にもチケットが用意されている。\nこれを手に入れれば、加入している多数の温泉宿の各温泉にじっくりつかる事も可能。人力車サービスも付いての1日券。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "KOYO温泉饅頭(温泉地域限定品)",
              "description": "紅葉国銘菓が温泉で蒸かした物が売られている。通常品に比べてひと手間かけた沁みる風味が味わえる。\nなお、通常のKOYO饅頭はカステラ生地だが、こっちは本当に温泉饅頭である。\n蒸かしたてが店先で売られているとついつい手を伸ばしてしまうこと間違いなし。KOYO温泉酒饅頭もあるとか。\n",
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": false
        },
        {
          "title": "紅葉の掛茶屋",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "掛茶屋",
              "part_type": "group",
              "children": [
                {
                  "title": "掛茶屋とは",
                  "description": "公園や街道、及び宿場街の横によくある軽喫茶店の事を言う。風景を楽しみながら腰かけて休める場所である。\nその名の通りのお茶は勿論の事、名物やお酒、おつまみを提供しているお店である。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "木造の風通しの良い小さい家屋と見通しの良い広い軒先",
                  "description": "簡単な料理と飲み物を提供する厨房が入った木造で作られた小さい家屋と、\nお客のための椅子や机が置かれた広い軒先で構成されている。\n軒先では周囲の風景を眺めることが出来る。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "手回しのしやすい厨房",
                  "description": "藩国によって本格派の土間だったり、木で囲われた板張り間だったり、そも火を使用せずオール電化だったりするが、\nお客を待たせないように美味しいお茶やお菓子を提供できるように、手回しが良く通行しやすい厨房が設置されている。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "飲食物はその場で作っての提供",
                  "description": "作りたて、淹れたてを提供してお客に楽しんでもらう。\n無論、きちんと営業許可と衛生面含めた調理認可は藩国から取得している事が前提である。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "雰囲気と景色とお茶と菓子を楽しむ",
                  "description": "風景を楽しみながら、お茶とお菓子等を楽しんでもらうのが店の主観点となっている。\nまた、茶屋側もそのように楽しんでもらえるように店員の配慮がなされている。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "赤い布をかけた縁台",
                  "description": "茶屋においてお客が座り、食事などを行う長椅子の事を縁台と言う。\n縁台には赤い布がかけられており、これは魔よけの意味を持つ。\nお客が増えるごとに軒先に置いていく事もある。\n",
                  "part_type": "part",
                  "expanded": true
                },
                {
                  "title": "赤い野点傘",
                  "description": "茶席の付き物として、赤い野点傘が飾られている。\n通常の和傘を大きくしたものであり、内側には魔除けを意味する五色の糸でかがられている。\n",
                  "part_type": "part"
                },
                {
                  "title": "日差しを和らげる葦簀",
                  "description": "葦が材料に使われている、細かく割ったものを並べて糸で編んだもの。大型のもので軒先に立てかけて使う。\n目線を遮ったり、日差しを和らげたり、水をかけて周囲の温度を下げたりできる。\n",
                  "part_type": "part"
                }
              ],
              "expanded": false
            },
            {
              "title": "城下町エリアに配置",
              "description": "紅葉国の都市船、上層娯楽区画にある城下町エリアに配置されている。\n観光客が多くやってくる場所であり、見どころも多くあるため、所々に掛茶屋が開かれている。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "紅葉やコイを見て、風流を感じる",
              "description": "紅葉及び広葉樹が風に揺れる風景を見て、ざわざわという葉擦れの音を聞く。\nコイが泳ぐ用水堀の水がきらめく様子を見て、飛び跳ねる水しぶきの音を聞く。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "花より団子でも問題なし",
              "description": "風情よりもお菓子やジュースが良いという方には美味しい軽食をお出ししています。\n名物のKOYO饅頭はいかがでしょうか?お土産もありますよ。",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "フルーツフレーバーティ(紅葉国産)",
              "description": "観光客向けっぽく南国果実のフレーバーティとかも置いている場所もある。変わり種タイプ。\nだが、多少甘酸っぱい方が甘い茶菓子に合うという意見もある。洋菓子はさすがに茶屋にはおいてないらしい。",
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": false
        },
        {
          "title": "和風庭園",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "自然風景を再現した演出",
              "description": "和風庭園では自然風景を再現した演出を行っている事が多い。\n例えば庭園に造られた土を盛った山に苔を付けさせて山に見立てたり、巨大な岩で山岳を示したりする。\n限られた空間に広大さをイメージさせる物を置くことで、見る人に想像させることが特徴である。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "海や川を表す庭園の池",
              "description": "庭園の池は海や川を表現している。\n岩が池の中にあれば島、水際に並べると崖、浅い池に石をいくつも沈めて浅瀬を再現している。\n他にもさまざまな手法がある。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "四季折々の植物と循環の表現",
              "description": "春夏秋冬と移り変わる自然の変遷を表現するのも和風庭園の特徴である。\n時間経過に伴い、とある花が散ると同時に緑が育ち、緑が赤く色づき、それが枯れて雪で白く染まる。\nそしてまた草と花が芽をだすというような循環が見られる。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "庭園絶景ポイント",
              "description": "名所に絶景ポイントがあるように、和風庭園にも絶景ポイントという物が存在する事が多い。\nある視点から見ると、要素が重なり合ってより壮大に思える部分もあるのだ。\n個人的に気に入る場所を見つけるのも醍醐味である\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "大きな自然を想い、風情に浸る",
              "description": "大抵作者が見てほしい位置に長椅子が置いてあったりする。\nゆっくり腰を据えて表現したいと思われる風景を想像しつつ、眺めてみよう\n雄大さを感じる事が出来るかもしれない。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "散策しつつ様々な視点から庭園を眺める",
              "description": "色々な見解があるのが和風庭園の楽しさでもある。話しつつ歩きながら、逐次顔を変える風景を眺めるのも良い。\n池がある庭園には魚が泳いでいる事も多く、静かにたたずむ庭の中で動く様子はより活動的に見えるものである。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "根気のいる整備作業と想像力が必須",
              "description": "移り変わる自然を限られた空間で描写するには、コケや岩や石や水の透明度など様々な要点に関して注意する必要がある。\n維持するために弄っても雰囲気が変わる事も多いため、整備している人は大変に苦労し想像しつつ作業をすすめる。\n",
              "part_type": "part"
            },
            {
              "title": "庭園を維持するためのマナーの推奨",
              "description": "庭園を維持するのは整備している人だけでなく、庭園を訪れた人も同じである。\n一歩踏み入れたりゴミが残っていたりするとそれだけで景観が壊れてしまう。\nまた、入園料がある庭園は大抵維持費に使われている。\n進入禁止区画には入らず、ゴミは持ち帰り、マナーを守って心を安らぎつつ観賞する事が推奨されている。",
              "part_type": "part"
            }
          ],
          "expanded": true
        },
        {
          "id": 13118,
          "title": "コイ",
          "description": null,
          "part_type": "group",
          "created_at": "2017-08-21 11:30:25.772081",
          "updated_at": "2017-08-21 11:30:25.772081",
          "character_id": "294",
          "children": [
            {
              "id": 13119,
              "title": "コイとは",
              "description": "比較的流れが緩やかな川や池、沼、湖、用水路などにも広く生息する淡水魚。\n雑食性であり長寿、環境適用する能力が高い。\n頭や目が体に対して小さく、口元には2対の口ひげと呼ばれるものがある。\n最大まで育ったコイの体長は60センチ程だが、たまに1メートルを超す巨大なものも存在する。\n胆嚢には毒があるため、内臓を取り出す時には破かない様に注意が必要である。\n",
              "part_type": "part",
              "created_at": "2017-08-21 11:30:25.797944",
              "updated_at": "2017-08-21 11:30:25.797944",
              "character_id": "294",
              "children": []
            },
            {
              "id": 13120,
              "title": "環境変化の指標としてのコイ",
              "description": "コイは基本的に綺麗な水でも汚い水でも安定して生息する事が出来る魚である。\nしかし、水質によって模様や大きさ、数と言った要素が比較的わかりやすく表れるため、環境指標として見る事が出来る。\n",
              "part_type": "part",
              "created_at": "2017-08-21 11:30:25.867093",
              "updated_at": "2017-08-21 11:30:25.867093",
              "character_id": "294",
              "children": []
            },
            {
              "id": 13121,
              "title": "音に敏感な性質",
              "description": "コイ科の特徴としてウェーベル氏器官という骨と内耳とを繋ぐ付属構造からなく聴覚器官が存在し、音に敏感な性質がある。。\n細かい音を見逃さず、普段と状況が異なる場合は退避手段を多くとるため危機察知の傾向として昔から大事にされている。",
              "part_type": "part",
              "created_at": "2017-08-21 11:30:25.968781",
              "updated_at": "2017-08-21 11:30:25.968781",
              "character_id": "294",
              "children": []
            },
            {
              "id": 13122,
              "title": "観賞用途のコイ",
              "description": "綺麗な水質に住むコイは、その水面の煌めきと周囲の景色の水映り反射の中を飛ぶように泳ぐように見える。\n特に、錦の模様を持つコイに関して、その風流さとゆったり動く姿から観賞用として育てられてきた。\n模様に関しても多様で\"成長する美\"とも呼ばれ、個人個人で育てる人も多く、観光地などでも良く見られる。",
              "part_type": "part",
              "created_at": "2017-08-21 11:30:26.053944",
              "updated_at": "2017-08-21 11:30:26.053944",
              "character_id": "294",
              "children": []
            },
            {
              "id": 13123,
              "title": "食用としてのコイ",
              "description": "清流で育った鯉に関しては泥臭さが無く、すぐに食用として食べることが出来る。\n泥の含んだ水質の場合は泥吐きを行わせることで食す事も可能となっている、\n季節に関係なく川に生息し、繁殖力が比較的強い、貴重なたんぱく質である。\n",
              "part_type": "part",
              "created_at": "2017-08-21 11:30:26.265705",
              "updated_at": "2017-08-21 11:30:26.265705",
              "character_id": "294",
              "children": []
            },
            {
              "id": 13124,
              "title": "美味しく食べる下拵え",
              "description": "鱗と体表のぬめりを包丁でそぎ落とし、内臓を気付付けない様に綿を抜く。\nその後、皮を剥いでから、料理に合わせて解体して下処理が完了となる。\nムニエルや恋のあらい、甘煮、竜田揚げ、旨煮等、レシピが存在する。\n血抜きをせずに味噌で煮る鯉こくという調理法もある。\n",
              "part_type": "part",
              "created_at": "2017-08-21 11:30:26.369582",
              "updated_at": "2017-08-21 11:30:26.369582",
              "character_id": "294",
              "children": []
            },
            {
              "id": 13125,
              "title": "コイの伝承",
              "description": "古くから身籠っている女性が食べると体力が付くという言い伝えがあり、\n女性が妊娠中に恋を食べて健康になって無事安産できた、母乳が良く出るようになった等という伝承が残っている。\nこれより安産祈願で食べられる事がある。",
              "part_type": "part",
              "created_at": "2017-08-21 11:30:26.475885",
              "updated_at": "2017-08-21 11:30:26.475885",
              "character_id": "294",
              "children": []
            }
          ],
          "expanded": true
        }
      ],
      "expanded": true
    }
  ]


Comments