和風庭園


作成者

神室@紅葉国

*提出書式


  大部品: 和風庭園 RD:8 評価値:5
  -部品: 自然風景を再現した演出
  -部品: 海や川を表す庭園の池
  -部品: 四季折々の植物と循環の表現
  -部品: 庭園絶景ポイント
  -部品: 大きな自然を想い、風情に浸る
  -部品: 散策しつつ様々な視点から庭園を眺める
  -部品: 根気のいる整備作業と想像力が必須
  -部品: 庭園を維持するためのマナーの推奨
  
  
  部品: 自然風景を再現した演出
  和風庭園では自然風景を再現した演出を行っている事が多い。
  例えば庭園に造られた土を盛った山に苔を付けさせて山に見立てたり、巨大な岩で山岳を示したりする。
  限られた空間に広大さをイメージさせる物を置くことで、見る人に想像させることが特徴である。
  
  
  部品: 海や川を表す庭園の池
  庭園の池は海や川を表現している。
  岩が池の中にあれば島、水際に並べると崖、浅い池に石をいくつも沈めて浅瀬を再現している。
  他にもさまざまな手法がある。
  
  
  部品: 四季折々の植物と循環の表現
  春夏秋冬と移り変わる自然の変遷を表現するのも和風庭園の特徴である。
  時間経過に伴い、とある花が散ると同時に緑が育ち、緑が赤く色づき、それが枯れて雪で白く染まる。
  そしてまた草と花が芽をだすというような循環が見られる。
  
  
  部品: 庭園絶景ポイント
  名所に絶景ポイントがあるように、和風庭園にも絶景ポイントという物が存在する事が多い。
  ある視点から見ると、要素が重なり合ってより壮大に思える部分もあるのだ。
  個人的に気に入る場所を見つけるのも醍醐味である
  
  
  部品: 大きな自然を想い、風情に浸る
  大抵作者が見てほしい位置に長椅子が置いてあったりする。
  ゆっくり腰を据えて表現したいと思われる風景を想像しつつ、眺めてみよう
  雄大さを感じる事が出来るかもしれない。
  
  
  部品: 散策しつつ様々な視点から庭園を眺める
  色々な見解があるのが和風庭園の楽しさでもある。話しつつ歩きながら、逐次顔を変える風景を眺めるのも良い。
  池がある庭園には魚が泳いでいる事も多く、静かにたたずむ庭の中で動く様子はより活動的に見えるものである。
  
  
  部品: 根気のいる整備作業と想像力が必須
  移り変わる自然を限られた空間で描写するには、コケや岩や石や水の透明度など様々な要点に関して注意する必要がある。
  維持するために弄っても雰囲気が変わる事も多いため、整備している人は大変に苦労し想像しつつ作業をすすめる。
  
  
  部品: 庭園を維持するためのマナーの推奨
  庭園を維持するのは整備している人だけでなく、庭園を訪れた人も同じである。
  一歩踏み入れたりゴミが残っていたりするとそれだけで景観が壊れてしまう。
  また、入園料がある庭園は大抵維持費に使われている。
  進入禁止区画には入らず、ゴミは持ち帰り、マナーを守って心を安らぎつつ観賞する事が推奨されている。
  
  


*インポート用定義データ


  [
    {
      "title": "和風庭園",
      "part_type": "group",
      "children": [
        {
          "title": "自然風景を再現した演出",
          "description": "和風庭園では自然風景を再現した演出を行っている事が多い。\n例えば庭園に造られた土を盛った山に苔を付けさせて山に見立てたり、巨大な岩で山岳を示したりする。\n限られた空間に広大さをイメージさせる物を置くことで、見る人に想像させることが特徴である。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "海や川を表す庭園の池",
          "description": "庭園の池は海や川を表現している。\n岩が池の中にあれば島、水際に並べると崖、浅い池に石をいくつも沈めて浅瀬を再現している。\n他にもさまざまな手法がある。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "四季折々の植物と循環の表現",
          "description": "春夏秋冬と移り変わる自然の変遷を表現するのも和風庭園の特徴である。\n時間経過に伴い、とある花が散ると同時に緑が育ち、緑が赤く色づき、それが枯れて雪で白く染まる。\nそしてまた草と花が芽をだすというような循環が見られる。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "庭園絶景ポイント",
          "description": "名所に絶景ポイントがあるように、和風庭園にも絶景ポイントという物が存在する事が多い。\nある視点から見ると、要素が重なり合ってより壮大に思える部分もあるのだ。\n個人的に気に入る場所を見つけるのも醍醐味である\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "大きな自然を想い、風情に浸る",
          "description": "大抵作者が見てほしい位置に長椅子が置いてあったりする。\nゆっくり腰を据えて表現したいと思われる風景を想像しつつ、眺めてみよう\n雄大さを感じる事が出来るかもしれない。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "散策しつつ様々な視点から庭園を眺める",
          "description": "色々な見解があるのが和風庭園の楽しさでもある。話しつつ歩きながら、逐次顔を変える風景を眺めるのも良い。\n池がある庭園には魚が泳いでいる事も多く、静かにたたずむ庭の中で動く様子はより活動的に見えるものである。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "根気のいる整備作業と想像力が必須",
          "description": "移り変わる自然を限られた空間で描写するには、コケや岩や石や水の透明度など様々な要点に関して注意する必要がある。\n維持するために弄っても雰囲気が変わる事も多いため、整備している人は大変に苦労し想像しつつ作業をすすめる。\n",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "庭園を維持するためのマナーの推奨",
          "description": "庭園を維持するのは整備している人だけでなく、庭園を訪れた人も同じである。\n一歩踏み入れたりゴミが残っていたりするとそれだけで景観が壊れてしまう。\nまた、入園料がある庭園は大抵維持費に使われている。\n進入禁止区画には入らず、ゴミは持ち帰り、マナーを守って心を安らぎつつ観賞する事が推奨されている。",
          "part_type": "part"
        }
      ],
      "expanded": true
    }
  ]


Comments