各種作業場‎ > ‎

藩国税関システム:基本機能


■作成者

神室@紅葉国

■注意事項

基本機能だけになっています。
本格的な公害対策や就業規則、テロ対策は各自部品を付けて下さい。


■提出書式

大部品: 藩国税関システム:基本機能 RD:41 評価値:9
-部品: 税関システムとは
-部品: 関税法
-大部品: 税関の役割 RD:3 評価値:2
--部品: 財政収入と国内産業の保護
--部品: 病原菌や破壊兵器、禁輸入措置品の不正規な流入出の防止
--部品: 貿易の円滑化
-大部品: 税関の業務内容 RD:4 評価値:3
--部品: 港での密輸取締り
--部品: 輸出入貨物の許可、審査等手続き
--部品: 輸入貨物にかかる関税、消費税等の徴収
--部品: 貿易の拡大と円滑な貿易取引を発展させるための制度
-部品: 税関への異議申し立て
-大部品: 関税局(組織) RD:9 評価値:5
--部品: 関税局について
--部品: 関税局総務課
--部品: 関税局事務管理室
--部品: 関税局管理課
--部品: 関税局関税課
--部品: 関税局参事官室
--部品: 関税局監視課
--部品: 関税局業務課
--部品: 関税局調査課
-大部品: 税関の組織構成 RD:9 評価値:5
--大部品: 税関本関 RD:5 評価値:3
---部品: 税関本関について
---部品: 本関総務部
---部品: 本関監視部
---部品: 本関業務部
---部品: 本関調査部
--部品: 税関支局
--部品: 税関監視署
--部品: 関税中央分析所
--部品: 税関研修所
-大部品: 税関職員(職業) RD:13 評価値:6
--部品: 税関職員とは
--部品: 税関職員の職務内容
--部品: 税関職員の心得
--大部品: 税関職員の研修経験 RD:5 評価値:3
---部品: 税関研修について
---部品: 税関新規採用職員研修
---部品: 税関応用能力職員研修
---部品: 関税職員専門事務研修
---部品: 関税事務実務セミナー
--大部品: 税関職員技量 RD:5 評価値:3
---部品: 法律や簿記・財務等に関する幅広い知識
---部品: 通関審査でのコミュニケーション能力
---部品: 優れた語学
---部品: 改善意識と変化への対応力
---部品: 事務秘密漏洩防止


部品: 税関システムとは
開港場・空港・国境などで、貨物の輸出入の許否、関税・トン税などの賦課・徴収、船舶・航空機および旅客の携帯品の取り締まりなどの事務を取り扱うシステムである。
税関で働く職員は公務員となりは、その名のとおり「税=税金の徴収」と「関=通関手続き」に関する業務を行う。
藩国で運用される国家システムである。国の出入り口に組み込むことが可能。

部品: 関税法
関税法は関税の賦課・徴収、輸出入貨物の通関手続等について定めた法律で各藩国で制定される。
賦課・徴収については申告納税を中心とした諸手続を定め、そのほか船舶・航空機の入出港手続、保税地域、密輸の防止その他関税警察、犯則事件の調査・処分、関税不服審査会等について規定している。


部品: 財政収入と国内産業の保護
関税は輸入品に対して通関時に徴収される税である。
主に輸入品にこの税金をかけることで価格を引き上げ、国内でつくった商品が価格競争で負けないよう守るなどしている。
財政収入と国内産業の保護を目的とするしている。


部品: 病原菌や破壊兵器、禁輸入措置品の不正規な流入出の防止
藩国法、国際法に基づいて、貨物の検査を行い、
薬物、銃器をはじめ、テロ関連物品、知的財産侵害物品等の社会の安全安心を脅かす物品等の密輸出入を一層効果的に水際で取締る役割がある。
内外関係機関との連携や情報交換を積極的に行うなど、密輸事犯の大口化や多様化に対応した取締体制を敷く。


部品: 貿易の円滑化
貿易の秩序維持と健全な発展を目指すために、手続やシステム運用等の改善を行うなど、利用者の利便性の向上等を通じた貿易の円滑化の取組みを実施するという役割がある。

部品: 港での密輸取締り
税関では違法な貿易を防止するため、貨物や人の動き、外国と往来する船舶や航空機を監視したり
出入国する旅客の携帯品などの検査を行っている。また、違法行為の調査も実施している。
これは、海港や空港、宇宙港などの出入り口で実施している。
貿易が不正な手段によって行われれた場合、国の正常な経済活動を阻害するだけでなく国際的な信用も失いかねない。
薬物、銃器をはじめ、テロ関連物品、知的財産侵害物品等の密輸入は、国民の安全や健康などにも重大な悪影響を及ぼすことになるため防ぐ事を目的とする。。


部品: 輸出入貨物の許可、審査等手続き
貨物を輸出入しようとするときは、税関に申告してその許可を受けることが必要である。
その申告が正しく行われているかどうかについて書類の審査や貨物の検査を行う。


部品: 輸入貨物にかかる関税、消費税等の徴収
輸入品にかかる関税や消費税などの内国消費税の徴収、外国貿易に従事する船舶のとん税や特別とん税の徴収を行っている。
また、適正な課税のため輸入者等に対する調査も実施している。


部品: 貿易の拡大と円滑な貿易取引を発展させるための制度
貨物を輸出入しようとするときは、その貨物を必ず決められた保税地域に入れる必要がある。。
保税地域の許可、監督を行うほか、保税地域に出し入れされる貨物の取締りを実施している。。

部品: 税関への異議申し立て
関税法その他の関税に関する法律の規定による税関長の処分について不服があるときは、
処分を行った税関長に対して「異議申立て」として不服を申し立てることが出来る。
異議申立書を受理した税関長は、その処分が正しかったかどうかを調査し、その結果を決定書謄本で申立てた人に通知する必要がある。
更に不服がある場合には、政庁及び藩王に審査請求として不服を申し上げる権利があり、審査が為される。


部品: 関税局について
関税政策の企画・立案を主な業務としている藩国内組織である。
また、税関の本部機能も有しており各種報告の他、国際機関や他本省庁や法制局などとの連絡調整、関税法の改正、各税関への通達、事務連絡などを行っている。


部品: 関税局総務課
関税局総務課は関税、とん税及び特別とん税に関する政策一般に関する事務、関税局・税関の機構・定員、予算に関する事務、関税局内の総合調整を行う部署である。


部品: 関税局事務管理室
事務管理室は輸出入・港湾関連の情報処理記載に関する事務や税関の所掌事務に係る電算機処理に関する調査、企画、調整を行う部署である


部品: 関税局管理課
関税局管理課は税関職員の人事、教養、訓練 および税関事務の運営、職員の服務に関する考査を行う部署である。
税関職員の行動指針等についても設定している。


部品: 関税局関税課
関税局関税課は関税等に関する制度の調査、企画、立案を行ったり、関税等に関する政策の基礎となる事項の調査、研究を行っている部署である。
また、関税・外国為替等審議会関税分科会の庶務に関する事務に際して、貿易統計の作成、公表も担当している。


部品: 関税局参事官室
参事官室は国際交渉及び国際協力の担当として他国の関税等に関する制度や現在の他国の貿易事情の調査、研究を行い、関税の動向と行く先を探っている。
また、経済協力及び開発に関する国際機構や世界貿易機関に係る関税等に関する事務処理を行っていたり、
関税等に関する多数国間協定及び二国間協定又は協議の企画、立案も実施している。

部品: 関税局監視課
税関の監視を行う部署である、。
関税法規による輸出入貨物、船舶、航空機及び旅客の取締りや、港及び税関空港、保税制度の運営に関して等に対して、幅広く監視と忠告と処理を行う。


部品: 関税局業務課
関税、とん税、特別とん税等の賦課徴収や関税率の目次決定、貨物の入出許可と承認、輸出入貨物や郵便物の分析等幅広い実務を司る部署である。
各税関に対して破壊兵器や禁輸入措置品の不正規な流入出の防止を防ぐように指示を出しているのは、この部署である。
また、通関業者への営業許可や、通関士試験に関しての監督なども行う。


部品: 関税局調査課
輸入貨物の価格・運賃・保険料等の調査、輸出貨物の調査と検査に関する事務、
関税法規の犯則事件の調査・処分・情報に関する事務、情報についての外国税関当局等との連絡・調整を行う部署である。


部品: 税関本関について
藩国内に地方支分部局として置かれる国の機関である。
関税局からの通達を受け、管理領域として設定された地区内施設の税関処理を行う。


部品: 本関総務部
税関の所掌事務の総合調整、会計、行政財産及び物品の管理、職員の任用、服務、人事及び給与の決定、職員の福利厚生、税関についての広報及び広聴を行う部署。


部品: 本関監視部
船舶、航空機の監視取締り、旅客、乗組員の携帯品等の取締り、検査及び徴税、輸出入貨物に係る検査、保税地域等の許可又は承認及び取締りを行う部署。


部品: 本関業務部
輸出入貨物に係る審査、許可及び承認、輸入貨物に係る関税等の税率の適用、確定及び徴収、輸出入貨物の分析と鑑定、国際郵便物の検査及び徴税、通関業の許可と通関業者の監督及び通関士試験の監督を行う部署。


部品: 本関調査部
輸出入された貨物の調査、犯則事件の調査及び処分、情報の管理及び分析、外国貿易統計の作成等を行う部署である。


部品: 税関支局
税関支局は主な開港・税関空港等において税関事務を行う。
また支署の管轄区域内の業務需要が比較的密集している地域において、出張所としや監視署を於いて
不開港における船舶の入港、貨物の授受、積卸等の監視取締りを行う。


部品: 税関監視署
税関監視署は税関本関の管轄区域内の不開港における船舶の入港、貨物の授受、積卸等の監視取締りを行う場所である。
密貿易の検挙等が挙げられる。


部品: 関税中央分析所
関税中央分析所は、税関が行う税額確定や密輸摘発、国際協力に必要な分析を、税関、関税局および藩国外からの依頼に基づき実施する機関である。。
依頼分析を中心に、新しい素材や不正薬物に対応する分析法、けん銃や不正薬物の密輸を発見する探知機器についての調査・研究、
税関の分析部門における人材の育成、海外の分析官等に対する研修などの技術指導も行っている。


部品: 税関研修所
税関職員に対して、税関行政に従事するために必要な研修を行い、
税関を取り巻く環境の変化に的確に対応し、税関業務を適正・迅速に処理し得る職員を養成するための施設機関。
税関行政の質的向上に資することを目的とした研修を実施し、関税技術協力事業に関し、関税局・税関等と協力して開発途上国等の税関職員を対象とする受入研修も行っている。


部品: 税関職員とは
海外に品物を輸入・輸出するときに、その内容をチェックして許可を出すのが税関の主な仕事であり、
開港場・空港・国境などで働く職員は通関業者(輸出入を扱う企業)が申告する税率が正しいかどうかをチェックする役割や
危険物や輸入が禁止されている品物を持ち帰っている人がいないかどうかをチェックする役割を持つ。


部品: 税関職員の職務内容
周囲の協力をえて行う薬物の摘発業務や、不審船の監視業務、貿易における通関の手続き業務など、さまざまな仕事がある。


部品: 税関職員の心得
税関職員は、国の玄関口となる空港や港で、国の安全を守るために働く事。
海外から持ち込まれる違法な品物を確実に発見できるよう、常に責任感や緊張感を持って仕事にあたる必要がある。


部品: 税関研修について
国家公務員資格を持った上で税関職員になった後、研修を受ける必要がある。
半年の研修を通じて、実配属される。また、スキルを高めるために他研修も受けることが出来る。


部品: 税関新規採用職員研修
職員に対し、公務員としての使命を自覚させるとともに、税関職員として必要な知識と技能を修得させる事を目的とし、
高い倫理観、良識を涵養させる研修である。


部品: 税関応用能力職員研修
税関行政全般に関する高度の知識及びその応用能力を修得させるとともに、幅広い視野、的確な判断力等を身に付けさせ、業務遂行能力の向上を図るための研修である

部品: 関税職員専門事務研修
テロ対策、犯則調査、輸出管理品目、情報分析、事後調査、取締技法に関する知識が必要な職員に対し、高度の専門知識を修得させ、業務遂行能力を高める。


部品: 関税事務実務セミナー
税関の各種事務を担当する職員に対し、職務遂行上必要な制度改正や制度を巡る諸情勢の変化に関する最新の知識と技能を修得させ、業務遂行能力の向上を図る研修である。


部品: 法律や簿記・財務等に関する幅広い知識
税関職員の仕事は、その名のとおり「税=税金の徴収」と「関=通関手続き」である。
税金を徴収するには、簿記や財務についての知識が必要がある。


部品: 通関審査でのコミュニケーション能力
通関審査では通関業者、輸出入者と接し、事後調査では輸出入をしている企業の社長や責任者と関わりが存在する。
仕事を円滑に進めるためには、接する人たちとのコミュニケーションが大切となっている。


部品: 優れた語学
外国船舶の監視・取締業務では、外国船の乗組員とのやり取りも行うため、海外でのプレゼンテーション能力が必要であるとなっている。


部品: 改善意識と変化への対応力
国外の影響を強く受ける職業であり、常に自分から考えプロフェッショナルとして成長することを求められている。
法律や政令に関しても、随時把握し直す事が必要とされる。

部品: 事務秘密漏洩防止
事務を行う部屋への入室と退室の際はその記録を取り、データもマニュアルも外部持ち出し禁止であり、鍵つき保管を行う。他、業務内容には緘口令を敷く。




■JSON書式

[
  {
    "title": "藩国税関システム:基本機能",
    "children": [
      {
        "title": "税関システムとは",
        "description": "開港場・空港・国境などで、貨物の輸出入の許否、関税・トン税などの賦課・徴収、船舶・航空機および旅客の携帯品の取り締まりなどの事務を取り扱うシステムである。\n税関で働く職員は公務員となりは、その名のとおり「税=税金の徴収」と「関=通関手続き」に関する業務を行う。\n藩国で運用される国家システムである。国の出入り口に組み込むことが可能。",
        "expanded": true,
        "part_type": "part"
      },
      {
        "title": "関税法",
        "description": "関税法は関税の賦課・徴収、輸出入貨物の通関手続等について定めた法律で各藩国で制定される。\n賦課・徴収については申告納税を中心とした諸手続を定め、そのほか船舶・航空機の入出港手続、保税地域、密輸の防止その他関税警察、犯則事件の調査・処分、関税不服審査会等について規定している。\n",
        "part_type": "part",
        "expanded": true
      },
      {
        "title": "税関の役割",
        "children": [
          {
            "title": "財政収入と国内産業の保護",
            "description": "関税は輸入品に対して通関時に徴収される税である。\n主に輸入品にこの税金をかけることで価格を引き上げ、国内でつくった商品が価格競争で負けないよう守るなどしている。\n財政収入と国内産業の保護を目的とするしている。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "病原菌や破壊兵器、禁輸入措置品の不正規な流入出の防止",
            "description": "藩国法、国際法に基づいて、貨物の検査を行い、\n薬物、銃器をはじめ、テロ関連物品、知的財産侵害物品等の社会の安全安心を脅かす物品等の密輸出入を一層効果的に水際で取締る役割がある。\n内外関係機関との連携や情報交換を積極的に行うなど、密輸事犯の大口化や多様化に対応した取締体制を敷く。\n",
            "part_type": "part",
            "expanded": true
          },
          {
            "title": "貿易の円滑化",
            "description": "貿易の秩序維持と健全な発展を目指すために、手続やシステム運用等の改善を行うなど、利用者の利便性の向上等を通じた貿易の円滑化の取組みを実施するという役割がある。",
            "part_type": "part"
          }
        ],
        "expanded": true,
        "part_type": "group"
      },
      {
        "title": "税関の業務内容",
        "children": [
          {
            "title": "港での密輸取締り",
            "description": "税関では違法な貿易を防止するため、貨物や人の動き、外国と往来する船舶や航空機を監視したり\n出入国する旅客の携帯品などの検査を行っている。また、違法行為の調査も実施している。\nこれは、海港や空港、宇宙港などの出入り口で実施している。\n貿易が不正な手段によって行われれた場合、国の正常な経済活動を阻害するだけでなく国際的な信用も失いかねない。\n薬物、銃器をはじめ、テロ関連物品、知的財産侵害物品等の密輸入は、国民の安全や健康などにも重大な悪影響を及ぼすことになるため防ぐ事を目的とする。。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "輸出入貨物の許可、審査等手続き",
            "description": "貨物を輸出入しようとするときは、税関に申告してその許可を受けることが必要である。\nその申告が正しく行われているかどうかについて書類の審査や貨物の検査を行う。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "輸入貨物にかかる関税、消費税等の徴収",
            "description": "輸入品にかかる関税や消費税などの内国消費税の徴収、外国貿易に従事する船舶のとん税や特別とん税の徴収を行っている。\nまた、適正な課税のため輸入者等に対する調査も実施している。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "貿易の拡大と円滑な貿易取引を発展させるための制度",
            "description": "貨物を輸出入しようとするときは、その貨物を必ず決められた保税地域に入れる必要がある。。\n保税地域の許可、監督を行うほか、保税地域に出し入れされる貨物の取締りを実施している。。",
            "part_type": "part"
          }
        ],
        "expanded": true,
        "part_type": "group"
      },
      {
        "title": "税関への異議申し立て",
        "description": "関税法その他の関税に関する法律の規定による税関長の処分について不服があるときは、\n処分を行った税関長に対して「異議申立て」として不服を申し立てることが出来る。\n異議申立書を受理した税関長は、その処分が正しかったかどうかを調査し、その結果を決定書謄本で申立てた人に通知する必要がある。\n更に不服がある場合には、政庁及び藩王に審査請求として不服を申し上げる権利があり、審査が為される。\n",
        "part_type": "part"
      },
      {
        "title": "関税局(組織)",
        "children": [
          {
            "title": "関税局について",
            "description": "関税政策の企画・立案を主な業務としている藩国内組織である。\nまた、税関の本部機能も有しており各種報告の他、国際機関や他本省庁や法制局などとの連絡調整、関税法の改正、各税関への通達、事務連絡などを行っている。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "関税局総務課",
            "description": "関税局総務課は関税、とん税及び特別とん税に関する政策一般に関する事務、関税局・税関の機構・定員、予算に関する事務、関税局内の総合調整を行う部署である。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "関税局事務管理室",
            "description": "事務管理室は輸出入・港湾関連の情報処理記載に関する事務や税関の所掌事務に係る電算機処理に関する調査、企画、調整を行う部署である\n",
            "part_type": "part",
            "expanded": true
          },
          {
            "title": "関税局管理課",
            "description": "関税局管理課は税関職員の人事、教養、訓練 および税関事務の運営、職員の服務に関する考査を行う部署である。\n税関職員の行動指針等についても設定している。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "関税局関税課",
            "description": "関税局関税課は関税等に関する制度の調査、企画、立案を行ったり、関税等に関する政策の基礎となる事項の調査、研究を行っている部署である。\nまた、関税・外国為替等審議会関税分科会の庶務に関する事務に際して、貿易統計の作成、公表も担当している。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "関税局参事官室",
            "description": "参事官室は国際交渉及び国際協力の担当として他国の関税等に関する制度や現在の他国の貿易事情の調査、研究を行い、関税の動向と行く先を探っている。\nまた、経済協力及び開発に関する国際機構や世界貿易機関に係る関税等に関する事務処理を行っていたり、\n関税等に関する多数国間協定及び二国間協定又は協議の企画、立案も実施している。",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "関税局監視課",
            "description": "税関の監視を行う部署である、。\n関税法規による輸出入貨物、船舶、航空機及び旅客の取締りや、港及び税関空港、保税制度の運営に関して等に対して、幅広く監視と忠告と処理を行う。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "関税局業務課",
            "description": "関税、とん税、特別とん税等の賦課徴収や関税率の目次決定、貨物の入出許可と承認、輸出入貨物や郵便物の分析等幅広い実務を司る部署である。\n各税関に対して破壊兵器や禁輸入措置品の不正規な流入出の防止を防ぐように指示を出しているのは、この部署である。\nまた、通関業者への営業許可や、通関士試験に関しての監督なども行う。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "関税局調査課",
            "description": "輸入貨物の価格・運賃・保険料等の調査、輸出貨物の調査と検査に関する事務、\n関税法規の犯則事件の調査・処分・情報に関する事務、情報についての外国税関当局等との連絡・調整を行う部署である。\n",
            "part_type": "part"
          }
        ],
        "expanded": true,
        "part_type": "group"
      },
      {
        "title": "税関の組織構成",
        "children": [
          {
            "title": "税関本関",
            "children": [
              {
                "title": "税関本関について",
                "description": "藩国内に地方支分部局として置かれる国の機関である。\n関税局からの通達を受け、管理領域として設定された地区内施設の税関処理を行う。\n",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "本関総務部",
                "description": "税関の所掌事務の総合調整、会計、行政財産及び物品の管理、職員の任用、服務、人事及び給与の決定、職員の福利厚生、税関についての広報及び広聴を行う部署。\n",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "本関監視部",
                "description": "船舶、航空機の監視取締り、旅客、乗組員の携帯品等の取締り、検査及び徴税、輸出入貨物に係る検査、保税地域等の許可又は承認及び取締りを行う部署。\n",
                "part_type": "part",
                "expanded": true
              },
              {
                "title": "本関業務部",
                "description": "輸出入貨物に係る審査、許可及び承認、輸入貨物に係る関税等の税率の適用、確定及び徴収、輸出入貨物の分析と鑑定、国際郵便物の検査及び徴税、通関業の許可と通関業者の監督及び通関士試験の監督を行う部署。\n",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "本関調査部",
                "description": "輸出入された貨物の調査、犯則事件の調査及び処分、情報の管理及び分析、外国貿易統計の作成等を行う部署である。\n",
                "part_type": "part"
              }
            ],
            "expanded": true,
            "part_type": "group"
          },
          {
            "title": "税関支局",
            "description": "税関支局は主な開港・税関空港等において税関事務を行う。\nまた支署の管轄区域内の業務需要が比較的密集している地域において、出張所としや監視署を於いて\n不開港における船舶の入港、貨物の授受、積卸等の監視取締りを行う。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "税関監視署",
            "description": "税関監視署は税関本関の管轄区域内の不開港における船舶の入港、貨物の授受、積卸等の監視取締りを行う場所である。\n密貿易の検挙等が挙げられる。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "関税中央分析所",
            "description": "関税中央分析所は、税関が行う税額確定や密輸摘発、国際協力に必要な分析を、税関、関税局および藩国外からの依頼に基づき実施する機関である。。\n依頼分析を中心に、新しい素材や不正薬物に対応する分析法、けん銃や不正薬物の密輸を発見する探知機器についての調査・研究、\n税関の分析部門における人材の育成、海外の分析官等に対する研修などの技術指導も行っている。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "税関研修所",
            "description": "税関職員に対して、税関行政に従事するために必要な研修を行い、\n税関を取り巻く環境の変化に的確に対応し、税関業務を適正・迅速に処理し得る職員を養成するための施設機関。\n税関行政の質的向上に資することを目的とした研修を実施し、関税技術協力事業に関し、関税局・税関等と協力して開発途上国等の税関職員を対象とする受入研修も行っている。\n",
            "expanded": true,
            "part_type": "part"
          }
        ],
        "expanded": true,
        "part_type": "group"
      },
      {
        "title": "税関職員(職業)",
        "children": [
          {
            "title": "税関職員とは",
            "description": "海外に品物を輸入・輸出するときに、その内容をチェックして許可を出すのが税関の主な仕事であり、\n開港場・空港・国境などで働く職員は通関業者(輸出入を扱う企業)が申告する税率が正しいかどうかをチェックする役割や\n危険物や輸入が禁止されている品物を持ち帰っている人がいないかどうかをチェックする役割を持つ。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "税関職員の職務内容",
            "description": "周囲の協力をえて行う薬物の摘発業務や、不審船の監視業務、貿易における通関の手続き業務など、さまざまな仕事がある。\n",
            "part_type": "part"
          },
          {
            "title": "税関職員の心得",
            "description": "税関職員は、国の玄関口となる空港や港で、国の安全を守るために働く事。\n海外から持ち込まれる違法な品物を確実に発見できるよう、常に責任感や緊張感を持って仕事にあたる必要がある。\n",
            "part_type": "part",
            "expanded": true
          },
          {
            "title": "税関職員の研修経験",
            "children": [
              {
                "title": "税関研修について",
                "description": "国家公務員資格を持った上で税関職員になった後、研修を受ける必要がある。\n半年の研修を通じて、実配属される。また、スキルを高めるために他研修も受けることが出来る。\n",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "税関新規採用職員研修",
                "description": "職員に対し、公務員としての使命を自覚させるとともに、税関職員として必要な知識と技能を修得させる事を目的とし、\n高い倫理観、良識を涵養させる研修である。\n",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "税関応用能力職員研修",
                "description": "税関行政全般に関する高度の知識及びその応用能力を修得させるとともに、幅広い視野、的確な判断力等を身に付けさせ、業務遂行能力の向上を図るための研修である",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "関税職員専門事務研修",
                "description": "テロ対策、犯則調査、輸出管理品目、情報分析、事後調査、取締技法に関する知識が必要な職員に対し、高度の専門知識を修得させ、業務遂行能力を高める。\n",
                "part_type": "part",
                "expanded": true
              },
              {
                "title": "関税事務実務セミナー",
                "description": "税関の各種事務を担当する職員に対し、職務遂行上必要な制度改正や制度を巡る諸情勢の変化に関する最新の知識と技能を修得させ、業務遂行能力の向上を図る研修である。\n",
                "part_type": "part"
              }
            ],
            "expanded": true,
            "part_type": "group"
          },
          {
            "title": "税関職員技量",
            "children": [
              {
                "title": "法律や簿記・財務等に関する幅広い知識",
                "description": "税関職員の仕事は、その名のとおり「税=税金の徴収」と「関=通関手続き」である。\n税金を徴収するには、簿記や財務についての知識が必要がある。\n",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "通関審査でのコミュニケーション能力",
                "description": "通関審査では通関業者、輸出入者と接し、事後調査では輸出入をしている企業の社長や責任者と関わりが存在する。\n仕事を円滑に進めるためには、接する人たちとのコミュニケーションが大切となっている。\n",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "優れた語学",
                "description": "外国船舶の監視・取締業務では、外国船の乗組員とのやり取りも行うため、海外でのプレゼンテーション能力が必要であるとなっている。\n",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "改善意識と変化への対応力",
                "description": "国外の影響を強く受ける職業であり、常に自分から考えプロフェッショナルとして成長することを求められている。\n法律や政令に関しても、随時把握し直す事が必要とされる。",
                "part_type": "part"
              },
              {
                "title": "事務秘密漏洩防止",
                "description": "事務を行う部屋への入室と退室の際はその記録を取り、データもマニュアルも外部持ち出し禁止であり、鍵つき保管を行う。他、業務内容には緘口令を敷く。",
                "part_type": "part"
              }
            ],
            "expanded": true,
            "part_type": "group"
          }
        ],
        "expanded": true,
        "part_type": "group"
      }
    ],
    "expanded": true,
    "part_type": "group"
  }
]

Comments